最近の不動産市況

先月、中国で大地震が起き甚大な被害になりました。

日本は地震大国です。不動産に関わる身として、他国の地震情報でも気になります。

さて、最近は生活に大きな影響を与えるガソリン価格も、170円を超えようとしています。

テレビのニュースでは、世界各国で産油国以外は、ガソリン価格が高騰し日本のガソリン価格とあまり変わらない国も多いようです。お隣の韓国では195円位になっているそうです。その他、食料品ではバターや麺類なども値上がりしています。

建築建材では、鉄筋が値上がりし4万円位のものが3倍近い12万円になろうとしています。

新築マンションは販売価格にも影響し、賃貸マンションでは賃料を高くすることができず、利回りが見込め無い為に新規の建設ができない状況です。

そんな中、福岡市では外資系ファンドが建物を建てた後にキャンセルしたり、テナントビルの空室がかなり目立ち始めています。 不動産業は時代の流れに敏感な業種です。ましてやこれからの時代、不動産、建設の淘汰の時代が始まり、流れや移り変わりを瞬時に判断していかなければいけません。 いつの時代もいろいろな問題があり、それを克服することによって成長してきましたが、今後は不動産を取り巻く環境はどう変わっていくのでしょうか・・・