家は一生ものを

今週の休みに梅小路公園の京都水族館に行ってきました。
開園から1年位はすごい混雑ぶりでした。

今回初めて行きましたが、平日はあまり混雑していないようです。
結構子供づれの主婦の方が多く、隣の方はお孫さんの子守で涼むのに丁度良いそうです。

梅小路公園周辺は、店舗の空きや未整備のところも多いようですが、最近は店舗も少しずつ増え、歩道の整備も進んでいます。

まだまだ地域の活性には時間がかかりそうですが、このままの勢いが続くと良いですね。

カクレクマノミの寿命は推定10年だそうです。
中には20年以上生きるケースもあるようですが、見た感じのサンゴはゆうに20年以上持つでしょう。

住宅の構造を考えると、「一生ものの家」という言葉は何かしっくりきません。

お客様に「一生モノの家を探します」と言える、そんな時代はくるのでしょうか?

一生ものの家がタダで手に入る。

羨ましい限りです。