思いを定める。

思いを定める。

「非常に良い言葉です。」PHP研究所の雑誌に載っていたものです。

思いを定める。

自分が積極的に選んだにせよ、やむを得ずにせよ、人生は無限にある選択肢の中から、

ある一つの道を選ぶ、絶え間ない選択の連続である。

だから不本意な境遇や望んでいなかった状況に置かれると、人はとかく、自分のいるべ

き場所はここではない、ほんとうはもっと違うところにいるはずだったと思い、過去の

選択を悔やむ。しかし、現実に自分がいるのは今、ここなのである。ここ以外にはない

のである。

あきらめろというのではない。今の自分を、今このときを大切にしようというのであ

る。

今の境遇をありのままに認め、受け入れて、いかに充実したものにしていくか、それが

この先の人生を決める。そう思い定めて、とにかく懸命に今を生きてみよう。泣き言や

弱音を吐かず、自分に与えられたこの道を坦々と歩み続けよう。その中で面白みや生き

がいを見出し、日々を楽しむことのできる人には後悔という言葉は無縁に違いない。

みなさんも繰り返し呼んでみてください!